なっぷとは
キャンプ場を口コミやランキング検索したり
予約ができるキャンプ場検索・予約サイトです。
新規会員登録はこちら

次回から表示しない
キャンペーン実施中総額50万円のキャンプアイテムが当たる抽選キャンペーン実施中!詳しくはこちら

長崎県キャンプ場:59

長崎のキャンプ場は、長崎の地形柄、主に海岸沿いにたくさんあります。長崎には、「五島列島」をはじめとする多くの島があるので、各島々を巡りながらキャンプを楽しむこともできますね。長崎のキャンプ場は、海を眺めることのできるキャンプ場がたくさんあるので、マリンスポーツを楽しんだり、海で釣った魚で海鮮バーベキューを楽しんだりできます。また、長崎のキャンプ場は、海と山の距離が近いこともあり、海キャンプ、山キャンプの両方を1度に楽しめる、贅沢なキャンプ場がたくさんあるのも魅力的です。さらに長崎の小さな島にあるキャンプ場では、キャンプ場をベースに、ドライブやサイクリングで島を1周しながら自然を感じることができますね!

日付からキャンプ場を探す

長崎県のキャンプ場の口コミ

ピックアップクチコミ

DONDO鼓堂

大村湾〜無人島〜滞在記「田島」

長崎県西海市西彼町亀浦郷12-3

帰るときにもう、また来たくなっ...
4.83

  • 【投票数0票】

電気はなく、お風呂は五右衛門風呂かドラム缶風呂で、薪をくべて火を焚いて作ります。寒い季節、最高に気持ちいい。 猫や犬は人懐こく、お利口。 夏もさることながら、寒い季節も味わいがあり、おすすめです! この日は北からの風が強めでしたが、家屋が風を塞いでくれ、テントでも快適でした。 夜は星空。昼は穏やかな海。 1日では足りない感じでした。 長崎から佐世保に行く道の途中、スーパーウエストかめだけ店を目印に横道に入ります。長崎バイオパークを過ぎて、坂道を登って降りると、事務所があります。 管理人さんも、とても親切で島のこと、海のこと、様々なことに詳しく、体験プラスαの満足感でした。 メタルマッチの火おこしや原始的な道具を使った火おこしを、管理人さんに教えてもらいました。今後生かしたいと思います! 電気や水、ガスを置かない自然体験がコンセプトのキャンプ場ですので、飲み水は準備してきました。 タンクに溜まった水があったので、有限ですが、風呂や洗い物に使わせていただきました。 薪は自然のものを拾ったり、家屋の横に置いてある廃材を利用して良いということでしたので、利用させていただきました。 テントで、雨風が気になるときは、寝泊まりのできる家屋もあるので、避難できます。 カトラリーや簡単な調味料、ロウソクなど、陸側の事務所に用意してあるので、自分の持ち物と相談しながらレンタルするといいと思います。 キャンプ場として利用する場所は整備されていて、適度にワイルドで心地よい。 お風呂周辺など清潔にしている。 360度海に囲まれて、島は南国にいるような不思議な佇まい。船に乗って陸から五分。普段見ない視点から陸を見れる面白さがある。大村湾には年に数回、運が良ければスナメリに出会えるという。 不便さを体験しに行きたい。そういう気持ちで行きました。 程よいワイルド感のキャンプを楽しめました。 ...

    最新のクチコミ

    はらみー

    大村湾〜無人島〜滞在記「田島」

    長崎県西海市西彼町亀浦郷12-3

    また友達と行きたいです!!
    4.83

    • 【投票数0票】

    島には自然のツルなどでターザンが出来たり、ブランコ出来たり、自然そのもので遊べました!ツリーハウスなどもあり、子供も大人も楽しめました!汚れてもいい服で思いっきり自然で遊ぶのがおススメでした! 夜は電気もないので、真っ暗になり星空が綺麗でした。無人島ならではなのが、夜に焚き火をしてその時間も好きでした。夜はまだ冷えていて、テントの中で寝袋で寝るとき、膝掛けを持って行っていたので、それもかけて寝れてちょうど良かったです。 道は最後田舎道ですが、それまでは行きやすいです。スーパーなどは船の乗り場にはないので、事前に調達するのがいいです。地元の八百屋さんや、漁協で仕入れるのがベスト! スタッフさんは若い方も多く、とても親切で、色んな質問に丁寧に答えてくれました! 地元のおじさん達も色々知っていて、気さくな方々でした。 無人島なので、野生を感じれる島です。テントが備え付けてあって、すぐ荷物が置けるのが良かったです。テントも綺麗でした。お水などは井戸水で、枯渇したら井戸水も出ないので、タンクに汲んできた水を使って食器を洗ったり、トイレのタンクに入れて流したりしました。水道が通ってないとゆう経験も出来、野生感が素晴らしかったです! トイレなども思ったより綺麗でした! 島の木などもちょうどいいぐらいに整えられてあって、手入れされてるなと感じました。 車で行ったのですが、ナビにも出て迷わず着きました。 島から戻ったら、近くに温泉などもありその周辺も楽しめました。 電気がないので、携帯の電池パックを持って行っておくといいです!携帯で写真を撮る方などは、次の日充電がなくなる可能性ありです!...

      まさつぐかなちゃん

      認証済み

      大崎オートキャンプ場

      長崎県東彼杵郡川棚町小串郷272

      海が広がる景観がステキなキャン...
      3.33

      • 【投票数0票】

      海近くのサイトは木陰が全くないので、タープが必須です。山側の段を上がったサイトは、木陰を確保できる場所もありますが、タープがあった方が無難です。サイト前は一面の海!景観はとっても気に入りました。 東そのぎICから車で20分弱。途中、大きな看板が出ているため、迷うことは全くありません。コンビニまで10分、スーパーまで15分弱、忘れ物があっても安心です。 分別さえすれば無料でゴミを引き取ってくれるので助かりました。管理棟では食材等は全く販売していないため、しっかり準備していく必要があります。 キャンプ場はGWで多くの方で賑わっていましたが、炊事棟はフリーサイト内に2箇所あり、混雑することはありませんでした。トイレはフリーサイト内に1箇所しかなく、女性の方は並んでいる時間帯がありましたが、200mほど離れたオートサイトに行けば、全く問題ありません。 トイレは管理人さんが毎日、清掃をされているようですが、綺麗とは言えません。古い施設みたいなので致し方ない面もあります。我が家の小学生と未就学児の娘3人は、「綺麗ではない」と言いつつ、普通に使っていました。 車で5分弱の所に、立ち寄り湯があります。決して大きくはありませんが、内湯と露天があり、とても気持ちよく利用させてもらいました。キャンプ場の管理棟で割引チケットがもらえます。無料のクジャク園も車で5分。本当に無料なの?っていうくらい、それなりに充実した施設です。 GW中で子連れの家族が大勢だったので、致し方ないのかもしれませんが、テントが密集している場所で、キャッチボールをやっていて、我が家のテントにも数回ボールが飛んできました(転がってくるレベルではない)。渋々、私が注意しましたが、スタッフの方がたまに見回って、声をかけてくれると気持ちよくキャンプができます。...

        sin1_f

        大村湾〜無人島〜滞在記「田島」

        長崎県西海市西彼町亀浦郷12-3

        晴れの日に海上探検したかったで...
        3.50

        • 【投票数0票】

        森林サイトには広葉樹の落ち葉の絨毯が広がってました。もともと人が住んでいた無人島を活かしたキャンプサイトになっており、海と山そして平地を味わえる環境が良かったです。雨だったので自然を猛烈に感じることができました。 福岡市内から車で片道2時間半でキャンプ事務所に到着します。そこから受付を行なって船で10分程で目的地のキャンプ場に到着しました。西九州自動車道で唐津方面から行っても同程度の時間なので、金銭的にこちらの方がオススメな気がします。(帰りに利用) キャンプ場の看板はほぼ無いので、ナビは必須です。 最寄りのインターから目的地の間に早朝から開いているスーパーは無いので、前日若しくは高速道路に乗る前に食材を買っておくのが良いと思われます。 コンビニはインター降りてすぐにローソン、セブンがあります。 グーグルのナビで長崎バイオパークの手前から漁港に行く道(小学校の横を通る道)は狭いので、大きな車の方はバイオパークの方から周る方が良いと感じました。 受付はゴールデンウィークの混雑でかなりバタバタされてましたが、丁寧な対応をして頂けました。 (当たり前の対応はできていたので割愛します) 今回は雨だったので、雨の時のサービスを書いておきます。 レンタルについては、雨具のレンタルが無いみたいだったので注意して下さい。冒険コースを申し込んだのですが、雨の為ターザンスライダーと海上探検は出来なかったです。(安全面を考えると適切と思います、やりたかったですが、、) その代わりか、ワークショップが開催されていました。 内容はファミリー層や初心者にはオススメな内容。 レンタルのテントを利用したのですが、雨の日は設営は最初からされていました。晴れの日は不明。 テント、マット、寝袋のみのレンタル。 レンタルだと安心して、何も持っていかないと結構困ると思います。実際タープが無くて困りました。 タープ、椅子、ランタンくらいは持って行くほうが良いと思います。 雨の為か、メインの広場に仮設テントが設営してあり、正直助かりました。 調理は基本的に鉄板がレンタルされるので、ブロックやU字ブロックを利用して調理できます。 場内には石窯などもありました。(利用してないですが) 木炭、薪は支給されます。 トイレ仮設タイプでしたが、はかなりキレイにされていて、匂いもそこまで気にならずキャンプ場と考えると、好印象でした。 水は20リットルの水道水をポリ缶で支給してくれました。 お風呂は海水を利用したドラム缶風呂で、雨の日でもできないことはないですが、かなり時間がかかります。 正直サビの色もかなり出ているの正直戸惑う気持ちもありましたがレジャーと考えて入るといいと思います。 キャンプサイトはかなりキレイにしてありました。 山道も整備されていて間近で自然を楽しめます。 海岸に打ち上げられたゴミがあるのですが、廃材をキャンプに利用できます。 全体的に排水も良く、かなり降った雨でもテントに浸水している場所は無かったと思います。 ただ雨の際は、出入りのあるテント周りや、人がよく通る場所はぬかるんでいました。 事務所から15分のところに温泉があります。 温泉は10時からです。 入浴料は300円くらいでした。 石鹸類は風呂場にないので、温泉施設の受付で買えます。 正直たくさんは要らないので持ち込みの方がいいと思います。 ...

          長崎のキャンプ場ご紹介

          九州の北西部に位置し、島々の多い長崎のキャンプ場。
          多くの観光客を集めるハウステンボスを筆頭に観光名所も多々あり、全国から人の集まるになります。

           

          長崎のキャンプ場アクセス環境

          長崎は坂の多い県として有名です。市街地には、路面電車や、バス、レンタル自転車などの設備が充実しています。長崎の市街地に近いキャンプ場に行く場合は、それらの公共交通機関を使うのがおすすめです。また、長崎にあるたくさんの島々でキャンプをしたい人は、フェリーを使って島に渡ります。「五島列島」へは、長崎市内や佐世保市内からもフェリーが出航していますので、「九州商船」などの公式サイトでご確認ください。

          長崎のキャンプ場に行く際のオススメ観光情報

          長崎には、ハウステンボスや平和記念公園、グラバー園などたくさんの観光スポットがありますが、長崎のキャンプで必ず立ち寄りたいのは「小浜温泉」です。海岸沿いにはたくさんの温泉旅館や立寄温泉があり、海を眺めながら、のんびり温泉につかってリフレッシュできるのは魅力的です。キャンプ場をベースに温泉巡りを楽しむのもありですね。また、長崎の島原半島中央部には、「雲仙岳」という火山があり、今も火山活動を続けています。最高峰の「平成新山」は,標高1,483mあり、雄大な山々を感じながら登山を楽しむこともできます。また、雲仙岳の周辺には、雲仙温泉をはじめとする多くの温泉があり、天気がよければ長崎半島を一望しながら、ゆっくり温泉を満喫することもできます!

          長崎のキャンプ場に行く際のオススメ観光スポット

          ・稲佐山

          2015年に「日本新三大夜景」に選ばれた人気スポットです。稲佐山山頂へは、ロープウェイでも行くことができ、登山道も整備されていてるためハイキングも楽しめます。

          ・雲仙地獄

          雲仙の古湯と新湯の間の白い土(温泉余土)におおわれた一帯で雲仙観光の中心となっています。ここからわきだす温泉の泉質は硫黄泉で、強い硫黄臭が漂う中、もうもうと立ちあがる湯煙の恐ろしげな様子は地獄の景色そのものです。

          ・九十九島

          208もの島から成る九十九島。リアス式海岸と緑の島、青い海が織りなす景色は見事です。人が住む有人島は4島、他はすべて無人島で、ほぼ全域が西海国立公園に指定されています。

               

          キャンプ大好き!名無しさん

          キャンプ場の口コミ

          • 口コミ:件/票
          • 写真:件/票